前へ
次へ

貸金業務取り扱い主任者というのがあります

貸金業というのは特に重要になってくるのがキチンと法律を守っているのか、ということであり、割と法律が改正されることもあります。
そこで有資格者を必ず一人は配置しないといけないということもあり、その資格がとても重要になっています。
それこそが貸金業務取り扱い主任者というものであり、此の資格がないとそもそも貸金業というのは行うことができないようになっています。
昔からある資格とは言いがたいものであり、割と最近になって出来た資格ではあるのですが、そこそこ難しいといえる資格になっています。
しかし、こうした業界で働くのであれば持っている必要性がある資格になりますし、それなりに勉強したのであれば問題なく行うことができるでしょうから、極端に難しいということでもないです。
ちなみに独立してやっていこうとする場合にも当然、必要になる資格でもあります。
毎年、一回、12月に試験が行われており、それは全国各地で試験会場が作られています。

Page Top